製品特長

「カンタン」「高性能」「情報発信」で管理者の負担を大幅に軽減、情報漏えい対策を強化!
Dynamic MSIESERがあなたの企業を守ります。

カンタン

カンタン

カンタン導入、カンタン運用、シンプル構成で管理者の負担を大幅に軽減!

  1. 導入・運用が容易
  2. シンプル構成
  3. 充実保証
  4. 返却不要モデル
高性能

高性能

高い処理性能、大量のデータを長期間保存。パケットデータの暗号化バックアップ!

  1. 高性能・省電力
  2. 高処理性能
  3. 長期保存が可能
  4. 暗号化バックアップ
情報発信

情報発信

個人情報や機密情報が含まれるファイルが送信された場合、自動的に管理者に情報発信!

  1. 送信ファイル検査
  2. HTTP送信ファイル名通知
  3. HTTP送信POSTデータ通知
  4. 標的型サイバー攻撃対策

カンタン

1. 導入・運用が容易

パケットキャプチャ方式のネットワークフォレンジック

  • 既存のネットワーク環境に影響を与えないため導入が容易。
  • パケットをキャプチャするスイッチポートのミラーリング設定のみで運用可能。
  • 管理者の運用の手間を省く、さまざまな通知機能を搭載。
  • 初期導入時の設置作業も承ります(有償)。

2. シンプル構成

サーバ1台構成のアプライアンス製品

  • キャプチャ、バックアップ、復元解析、検査、通知、再解析すべてを1台に搭載。
  • サーバ1台構成により省スペース、省電力、安定稼動を実現。
  • サーバ1台で複数ネットワークのキャプチャに対応。

3. 充実保証

初年度無償保証 1年間オンサイト保守対応

  • アプライアンス製品版の場合はハードウェア障害・ソフトウェア障害の区別なく、オンサイト保守対応。
  • Dynamic MSIESERには電子メールやWEBアクセスなどの情報が記録されますが、オンサイト保守により情報漏えいリスクがありません。

4. 返却不要モデル

故障ハードディスクドライブ返却不要モデル

  • 故障HDDからの情報漏えいリスクを防止するため、故障したHDDを保守員が持ち帰らず、ユーザ様で処分していただくHDD返却不要モデルを用意。

高性能

1. 高性能・省電力

  • Dynamic MSIESERのハードウェアプラットフォームはHPE社製の高性能、省電力サーバである
    「HPE ProLiant」シリーズを採用。

2. 高処理性能

高い処理性能 キャプチャデータ量 1日1.4TB(高速モード)対応

  • 1日のキャプチャデータ量が1.4TB(高速モード)までパケットロス、解析遅延なく安定稼動。
  • 小規模ネットワーク向けエントリーモデルは1日20GBまで対応。
  • カスタマイズによって、さらに高いキャプチャ性能を発揮。
    詳細はこちらのページをご参照下さい。

3. 長期保存が可能

大容量ディスク搭載による長期間データ蓄積

  • 64bit OSの採用により実装可能なディスク領域が大幅アップ。
  • メールやWebアクセスのセッションデータを長期間ディスク内に蓄積可能。

パケットデータ外部保管

  • パケットデータはLTOメディアにバックアップが可能。
  • パケットデータは大容量NASに長期保存が可能。
  • 外部保管したパケットデータはリストア再解析が可能。

4. 暗号化バックアップ

パケットデータの暗号化バックアップ

  • LTOメディアへの暗号化バックアップによりセキュリティを強化
  • NASへの暗号化バックアップによりセキュリティを強化。
大容量ディスク搭載による長期間データ蓄積

情報発信

1. 送信ファイル検査

  • メールやWebアクセス、ファイル共有で送信されるファイル内容を検査条件に基づいて、個人情報、機密情報、特定情報等が含まれているかリアルタイムで検査します。
  • 検査条件として設定する検査クエリは、キーワードおよび正規表現が利用できます。

検査カテゴリ設定例

カテゴリ
1 名字 6 クレジットカード番号
2 住所 7 マイナンバー
3 電話番号 8 口座番号
4 E-mail 9 運転免許証番号
5 機密 10 パスポート番号
検索クエリでヒットする文字列の例

2. 送信ファイル検査通知

  • 送信ファイル内に個人情報や機密情報があった場合、管理者へメール通知。
  • 送信ファイル内に個人情報や機密情報がない場合は通知されません。
  • Dynamic MSIESERにログインしなくても、ダイナミックに通知。
  • 通知条件は任意に設定可能。

送信ファイル検査結果スコアの通知閾値設定により、Dynamic MSIESERを操作しなくてもダイナミックに検査結果を管理者にメール通知することが可能です。

3. HTTP POSTデータ通知

  • Webアクセス(HTTP)でサイトに送信されたPOSTデータをテキストファイルで定期的に管理者へメール通知。
  • Dynamic MSIESERにログインしなくてもダイナミックに通知。
  • 送信されたPOSTデータがなければメール通知はありません。

4. 標的型サイバー攻撃対策

  • 添付ファイルやURLではなく、メールの詐称を検知
  • シグネチャ方式では検出できない、未知の攻撃を検知
  • 既存構成に影響なく導入可能(キャプチャ方式)

ソリューション事例4.標的型サイバー攻撃対策ソリューションをご覧ください。

TOP